計算機

いつまで紙のタイムカード?勤怠管理システムを変えよう

働き方改革で重要な勤怠管理システム

働き方改革法案がつい最近可決され、いよいよ日本でも「働き方」について考えなければならない時代が来たように思います。

働き方改革と言っても色々とありますが、会社としても経理として関わってくるであろう部分が「勤怠管理」です。

働き方改革として求められているのが「無駄な拘束時間(残業時間)の削減」と「有休取得率アップ」などです。(本当はもっといろいろあります)
残業時間を削減させるためにまずは現状の状況確認が必要です。
そのために社員の勤務時間がどれほどなのかを知る必要があるのですが、ここで問題が起きる会社があります。

それは「紙のタイムカード」を使っている会社です!

今の勤怠管理システムは昔に比べ大きく進化しているのですが、中小企業などではいまだに「紙のタイムカード」を使っている会社も少なくありません。
実際、私が前に働いていた会社ではいまだに「紙のタイムカード」でいちいちExcelに各社員のタイムカードを打ち込んで計算するという面倒なことをしていました。

こういった紙のタイムカードを使っていると間違いなどが多発しますし、なにより効率が悪い。そして経理に余計な負担が掛かることになるので、一刻も早く勤怠管理システムを変更するのをおすすめします。

おすすめの勤怠管理システム

おすすめの勤怠管理システムは色々あります。
種類やタイプ、管理方法までそれぞれ少しずつ個性が違ってきますので、必ずこれがいい!というわけではありませんが。

私が以前働いていた職場の中で、経理側として使いやすいと思ったのが「KING OF TIMEの勤怠管理システム」です。

勤怠管理クラウド市場シェアNo.1というKING OF TIMEのシステムですが、私個人として使っていて良かったと思うのが「自動計算」です。
打刻データをリアルタイムでまとめて自動計算するので、今まで手打ちでやっていたような月末締めで計算するということをしなくて済むようになりました。

中小規模といえど従業員は数十人でも計算するのは一苦労。誰がどれくらい働いているのかをリアルタイムで追えるれば、事前に早く帰るよう促せたりしていいですよね。

そしてなによりも「管理画面がとてもわかりやすくて使いやすかった」という点です。
見た目でどうやれば目的のデータが確認できるかがわかるので、いちいち分厚いマニュアルを読まなくても済むようになりました。
また必要なデータが急にほしくなってもすぐに対応できるリアルタイム機能は、経理にとってはこの上なくありがたいシステムですよね。

他にもいい点は色々あるのですが書いていると止まらないので…。
詳しい勤怠管理システムの管理機能を知りたい方はこちらの一覧ページに書いてあるので確認してみてください。

ではでは、未だに紙のタイムカードを使う会社の方針が一刻も早くなくなって。
1人でも多くの経理担当職員の負担が少なくなることを祈っています。

久々にカラオケに行ってきました!

友人二人と思う存分カラオケに

気のせいか、ここ最近飲み会の二次会としてカラオケはあまり選ばれなくなったように思います。
私が学生の頃は最初は居酒屋で乾杯をしたあと、二次会はカラオケボックスのパーティールームに行くというのがほぼ定番の流れになっていたのに、今参加する飲み会は必ずしもそうではありません。

会社の飲み会では二次会でカラオケに行くことはあるのですが、その場合大抵は上司の歌への付き合いになるので自分が歌いたい歌を歌えるような場所ではなかったりします。

気がつけばもう半年以上もカラオケに行っていないことがわかり、久しぶりに思いっきり歌いたい歌だけを歌うということがしたくなりました。

そこでいつもの親友に声をかけたところ急な誘いにも関わらずたまたま予定が空いていたので、早速いつものカラオケルームに出かけました。

そういえばカラオケ大手のシダックスが全国で大量閉店したというニュースが前に流れましたが、カラオケ産業自体がそろそろ縮小傾向になってきたということかもしれませんね。
かつてのカラオケファンとしては寂しい限りです。

話を戻して今回一緒にカラオケに行った親友は昔から音楽の趣味が一緒で、学生時代には競争率の高いライブチケットを協力して取り合って出かけた仲でもあります。
こういう多少マイナーな曲も一緒に楽しめる友達がいるとカラオケが数倍楽しくなりますね。

カラオケでストレス解消&ダイエット

カラオケのよいところは気兼ねなく思いっきり大声で歌を歌うことができるということです。
私は一人でいるときにもよく歌を歌っているのですが、ご近所さんへの手前もありそうそう大きな声を出すことができません。

歌だけでなく思いっきり出せるところまで声を出すという行動も普段の生活の中ではするチャンスのないことです。
思い切り声を出すというのはそれ自体がストレス解消になり、終わったときにはスーッと気持ちが軽くなるように思います。
歌の場合はさらに好きなアーティストやミュージシャンとの一体感も得られるのでストレス解消効果も高まります。

それと全力で歌を歌うということはダイエット効果もあるようです。
少し前から「カラオケダイエット」という方法が取り上げられることもありましたが、実際歌を歌うことで運動しているようなカロリー消費ができます。

考えてみれば歌うときには腹筋を使いますし、激しく呼吸をするので肺など循環機能も動くわけなのでカロリー消費があっても全くおかしくありません。

友人とは結局2時間のつもりが延長して3時間二人だけで歌い続けてしまいました。
久しぶりということもあってかなり力も入り、いいダイエット&ストレス解消の効果が得られたと思っています。

格安SIMについて調べてみた

SIM替えで大手キャリアよりも利用料金が安くなる

最近、テレビCMや広告等で格安SIMを見かけることが増えました。

私は大手キャリアのiPhoneを使用していますが毎月の利用料金が高いので、話題の格安SIMに切り替えて得られる恩恵について色々と調べてみました。

格安SIMや格安スマホは、メインのスマホを安く使うだけでなく2台目のスマホやタブレットに利用する等、幅広い用途で使用されているようです。

さらにSIM替えに対応している端末を持っていれば、月額1,000円台という驚異の料金で使い続けることも可能になります。

初期設定を行う必要があるものの、SIM替えをするための方法も紹介されているので、普段からスマートフォンやタブレットを使い慣れている人なら問題なく行えるようです。

今までのスマホは、大手キャリアで購入した端末は特定のSIMでしか動かせないSIMロックがかけられていました。

しかし総務省がSIMロック解除を義務化したことによって、さまざまなSIMフリー端末で格安SIMを使うことができるようになり、格安SIMへの切り替えが大変注目されています。

今のiPhoneをお得にそのまま使う

私は大手キャリアを使っていて利用料金が毎月1万円前後なので、もう少し料金を抑えられないものかと悩んでいます。

でも使い慣れているiPhoneは変えたくなくて、手間がかかったり面倒な手続きをするのも嫌なので料金が多少高くても大手キャリアをずっと利用しています。

ネットでiPhoneを安く使う方法について調べてみると、端末がSIM替えに対応していれば今のスマホをそのまま使えるみたいです。

SIM切り替えサービスを扱っている以下のサイトで、端末が対応しているかどうか簡単にチェックできます。

私の使っているiPhoneは格安SIMに対応しているので、SIMを差し替えるだけでそのまま使えて手間もかからないことがわかりました。

しかも毎月の利用料金を大幅に下げられることも知り、2年間で約10万円もお得になることに驚きました。

周りでも大手キャリアから格安SIMに切り替えて、スマホの利用料金が半額以下になって節約できたという方もいます。

なのでスマホ料金を下げて使うためにSIM替えをするか検討中です。

そうそう、この前ビックカメラに行ったら、格安SIMの広いコーナーがあってびっくり!

そこでビックカメラでも格安SIMが契約できるのを知りました。

家に帰ってからサイトで月額料金を調べてみたら900~1,600円の使用料でいいみたいなので、これはぜひ契約したい。
(参考)格安スマホ(スマートフォン)のBIC SIM

一応、そのままネットでも契約できるんだけど、ちょっと心配だから店頭で契約したいかなぁ。

ビックカメラなら会社からも近いし、せっかくだから帰りによってみようかなと思ってます。