手をつなぐ男女

婚活パーティーに参加してみた

婚活パーティーに友人と行きました

いつものように仕事を終えて帰宅する途中に、手をつないで歩くカップルを見かけると、いいなぁ私も彼氏ほしいし結婚だってしたい!!最近はそんなことをよく考えるようになりました。

私の周りの友人も、だんだん結婚する人が増えていたので、ポツンと1人浮いてる感じで落ち込んでいたところでした。

久しぶりに女子仲間で飲み会をしたら「仕事の話」しかできなかったので、みんなが心配してくれたのか、私の彼氏を探そうみたいな話にいつの間にか切り替わっていました。みんなの気持ちはとても嬉しかったけれど内心は、取り残されたような複雑な感情も…。

飲み会の翌日、1人の友人から、婚活パーティーに行こうという連絡があり、私も今のままの状況を打開するために勇気を出して婚活パーティーへ行く決意をしました。

婚活パーティーの内容

婚活パーティーは、はじめて体験するので、友人の存在はとても大きいものでした。1人だと何をして良いかわからなかったのですが、2人で色々と調べながら婚活パーティーを予約しました。

私たちが行ったパーティー会場は、時間制限付きで複数のテーブルを回ってお互いの印象を確かめ合うというもの。

希望していた条件に合った男女の集まり会で、私は猫好きな男性で、私より身長が高い人を希望しました。もっと考えても良かったけど、はじめて行く婚活パーティーなので、すぐ思いついたのがこの2つの条件でした。
あとは話し合う中でゆっくり打ち解けていきたいなという気持ちもありました。

予約したお店に行き、本人であることを証明するために身分証を提示。お店の中へ案内されました。私たち以外の男女は既に座っていて、既に軽いお喋りをしている男女もいたので早めにパーティー会場へ行った方が、相手を深く知るチャンスになるかもしれません。

主催の方が撮影はNGで10分ごとにテーブルを変えて、話し合うよう説明した後パーティー開始。

会話時間中に連絡先の交換は自由というルールでした。恥ずかしい気持ちはあったものの男性の方から積極的にリードしてくれたので、自然に連絡先の交換ができました。

婚活パーティーを終えて

後日、婚活パーティーで知り合った男性の方から連絡が来て、「今度一緒に猫カフェへ行きませんか?」というお誘いを頂きました。猫好きな私からしたら、断る理由なんてありません。

それに10分間では、話せる内容がどうしても限られてしまうので、もっとお話をしたいという気持ちもありました。

一緒に行った友人も男性からのお誘いがあったようです。婚活パーティーにはじめて行き、緊張しましたが、勇気を出して行って良かったと思っています。誘ってくれた友人に感謝しつつ、掴んだチャンスをモノにできるよう頑張ろうと気合が入りました!!

癒され猫ブーム!猫を飼うならペット保険に入るべき?

準備を整えて猫を飼いたい!

猫カフェに行ってからと言うもの、毎日猫ちゃんを飼いたくてしかたありません。
ちなみにこれが猫カフェに行ったときの写真です。

猫ちゃん可愛すぎませんか…???
こんな天使みたいな猫ちゃんを見たら、私も一緒に暮らしたいと思うのが性というものです。

そんなわけで今現在、猫ちゃんと一緒にすめるペット可のマンションを探し中。
意外とペット可のマンションってあるけど家賃が高めなので足踏み状態。

でもできるだけ早く決めたいと思って、SUUMOやホームズを何度も見てを繰り返してます。
まだ完全に決まってるわけでもないのに、楽天で猫ちゃんグッズを見て買い物かごに入れる始末。
本当は買いたいけど、流石に何も決まってないので買い物かごにいれるだけにとどめてますけど、そのうち買いそうな自分が怖い。

ちなみにペットショップにも何度か通っていて、どの猫ちゃんの種類がいいのかなぁと見てます。
とりあえず今気になっているのはスコティッシュ・フォールド!
あの、くりくりのおめめに折れ耳が可愛くてたまりません。ちゃんと決まったらペットショップで抱かせてもらおうかなと画策中です。

猫を飼うならペット保険にも入るべき?

猫を飼うための準備を整えて、色々と調べていたらペット保険を発見!
有名どころで言えば、アクサとかauとかもやっていて、知らない間にペットにまで保険がかけられる時代なんだなあと感心。

でも猫を飼っている友達曰く、やっぱり子猫の時とか年をとってくると猫も病気しがちになるらしい。
まあ個体によって違うんだろうけどね。

あとは猫の種類とか…!
ペット保険のPS保険】さんで猫の種類によってどんな病気になりやすいのか書いてありました!

スコティッシュ・フォールドだとこんな感じだそうです☟

スコティッシュ・フォールド|猫の保険|PS保険
■ 骨瘤(遺伝性骨形成異常症)
スコティッシュフォールドに多く見られる遺伝性の疾患で、折れ耳同士の交配によって生まれた子に高確率で発症すると言われています。症状としては、足や尾の骨や軟骨の形成異常により、骨が変形したり、軟骨が増殖しコブのようなものができます。重度の場合は強い痛みを伴う、歩けなくなってしまうこともあります。
引用 ➤ スコティッシュ・フォールド|猫の保険はPS保険

スコちゃんの特徴でもある折れてる猫耳。
これが可愛いのでもありますが、やっぱり骨に異常がみられる原因でもあるみたいなので、それをちゃんと理解した上で飼わなきゃいけないんですね。

これはスコちゃんの場合ですけど、他の猫ちゃんでも同様に生まれ持ってなりやす病気と言うのがあるみたいです。

あとは猫ならではのなりやすい病気も合って、それは「尿路結石症」というみたいです。
尿路結石症は、猫の種類に関係なくなるみたいなので飼ってる猫ちゃんの様子を見て気を付けてあげないといけないわけですね。

すぐに死に至るような病気じゃないけど、飼ってる猫ちゃんがなったらかわいそうだし大変みたいなので、万が一なったら対応して病院につれていってあげないとですね。

計算機

いつまで紙のタイムカード?勤怠管理システムを変えよう

働き方改革で重要な勤怠管理システム

働き方改革法案がつい最近可決され、いよいよ日本でも「働き方」について考えなければならない時代が来たように思います。

働き方改革と言っても色々とありますが、会社としても経理として関わってくるであろう部分が「勤怠管理」です。

働き方改革として求められているのが「無駄な拘束時間(残業時間)の削減」と「有休取得率アップ」などです。(本当はもっといろいろあります)
残業時間を削減させるためにまずは現状の状況確認が必要です。
そのために社員の勤務時間がどれほどなのかを知る必要があるのですが、ここで問題が起きる会社があります。

それは「紙のタイムカード」を使っている会社です!

今の勤怠管理システムは昔に比べ大きく進化しているのですが、中小企業などではいまだに「紙のタイムカード」を使っている会社も少なくありません。
実際、私が前に働いていた会社ではいまだに「紙のタイムカード」でいちいちExcelに各社員のタイムカードを打ち込んで計算するという面倒なことをしていました。

こういった紙のタイムカードを使っていると間違いなどが多発しますし、なにより効率が悪い。そして経理に余計な負担が掛かることになるので、一刻も早く勤怠管理システムを変更するのをおすすめします。

おすすめの勤怠管理システム

おすすめの勤怠管理システムは色々あります。
種類やタイプ、管理方法までそれぞれ少しずつ個性が違ってきますので、必ずこれがいい!というわけではありませんが。

私が以前働いていた職場の中で、経理側として使いやすいと思ったのが「KING OF TIMEの勤怠管理システム」です。

勤怠管理クラウド市場シェアNo.1というKING OF TIMEのシステムですが、私個人として使っていて良かったと思うのが「自動計算」です。
打刻データをリアルタイムでまとめて自動計算するので、今まで手打ちでやっていたような月末締めで計算するということをしなくて済むようになりました。

中小規模といえど従業員は数十人でも計算するのは一苦労。誰がどれくらい働いているのかをリアルタイムで追えるれば、事前に早く帰るよう促せたりしていいですよね。

そしてなによりも「管理画面がとてもわかりやすくて使いやすかった」という点です。
見た目でどうやれば目的のデータが確認できるかがわかるので、いちいち分厚いマニュアルを読まなくても済むようになりました。
また必要なデータが急にほしくなってもすぐに対応できるリアルタイム機能は、経理にとってはこの上なくありがたいシステムですよね。

他にもいい点は色々あるのですが書いていると止まらないので…。
詳しい勤怠管理システムの管理機能を知りたい方はこちらの一覧ページに書いてあるので確認してみてください。

ではでは、未だに紙のタイムカードを使う会社の方針が一刻も早くなくなって。
1人でも多くの経理担当職員の負担が少なくなることを祈っています。