1. >
  2. >
  3. イケメンなんですけど

イケメンなんですけど

身近に居た超イケメン

先日から会社の飲み会で知り合った別の部署の男性が気になって仕方ありません。

年齢はだいぶ若いんですけど見た目がちょっと西島秀俊に似てるんで、私の中では西島さんという名前がほぼニックネームになっているのでこのブログでは仮にその男性は西島さんという名前にしておきます。

西島さんに最初に好印象を持ったのは経理部に勤務している私のことを「計算に強い女性は魅力的」といったいいイメージで表現をしてくれてからです。

最初はその場に他にいた経理部の女子のことを気遣って社交辞令で言っていたのかなとも思ったのですが、その後も仕事の様子を聞いたり普段の態度を見ていたりするとそういう気の回し方をするような人ではないということがわかってきました。

顔も今どきの塩顔で見ていてくどくない薄さなので、本当に今では会社に行ってちらっと見かけるだけでも心の癒やしになってくれています。

好印象を持ったからということでもないのですが、改めてルックスだけで見てみると同年代の社内の男性の中でもかなりレベルは高い方です。

イケメンの条件とは

ちょっと西島さんから話しはズレますが、前に会社とは関係ない友人に「褒め上手なイケメンがいる」というようなことを言ったところ、「女慣れしてそう」というようなことを言われました。

確かにこれまで合コンなんかで知り合った男性の中には非常に女性慣れをしているというか、その場にいる女の子たちに対してとても細かい部分で上手に褒めてくれていいたなという印象の人がいました。

褒められるのは嬉しいのですがあまりにもその褒め方が慣れすぎているので、話をしていてもなんとなく相手のペースに引きこまれてしまっているなということを感じてしまい、私は少し落ち着かない感じになってしまいました。

ああいう女性慣れをしている男性には、同じく褒められ慣れている男性慣れした女性でないと釣り合わないんじゃないかという気がします。

女子の目から見るイケメンというのはルックスも大事ですけど、それ以上に一緒にいるときに不安な感じにさせないでくれるというか、しっかりしてるなという安心感がある人なんじゃないかと思うのです。

こんなイケメンなら一緒にいたい!

私の中で一番評価が高いイケメンは、完璧なイケメンよりもちょっと隙のある「雰囲気イケメン」の方です。

やっぱり一緒にいるときにはグイグイとリードをしてもらいたいと思う反面で、あまりにもあちらの意見が強すぎたりすると私もつい腰が引けてそれで言いたいことが言えないような関係になってしまうように思うんです。

もちろん見ていて飽きないイケメン顔であるというのはあって欲しい条件ですが、本当に顔が良すぎるとちょっとナルシストかなっていう気になってしまうので、ほどほどによいっていうくらいがいいかなという感じです。

そんなことをまた友人に話したら「それは普通のイケメン探すよりも難易度高そう」と突っ込まれてしまいました。

まあ私の場合はほとんど妄想でストーリーが進むので、しばらくはどういうイケメンと生活するのが理想化とかどっぷり考えていくつもりです。